こんにちは~! ぐずついたお天気が。。。

と言うか、台風が来てましたねー。

そんな中、ちょっと四日市まで(車ですが)

四日市と言えば、トンテキらしいので、食べてきました(^^)

そして、伊坂ダムサイクルパークと言う所にも行って来ました。

一周3.6km

とても対応も良く楽しいサイクリングが出来ましたv(^^)

そして初タンデム自転車に乗ってきました。

これは、楽しい(笑)

坂も意外と上れるみたい!無理やり立ちこぎしたら、今日腰痛(;^_^A

そして、前で乗るより、後ろが難しい?

前は重い人、後ろは軽い人の方がいいかもですね。

と言うのも、後ろはハンドル切れないので、前の人と呼吸が合わないと、ブレる。

そんな経験を積んだ、たて輪ちゃんでした。

 

 

 

さてさて

 

今回は、ブレーキの話。

ブレーキは左手から!と言うより。

リアブレーキから掛けましょう!フロントから掛けると、車体も軽いロードバイクは、

前転ひっくり返ってしまいます。

中には、左がフロントブレーキも有りますので、人のを借りたり、試乗車だったりの時は確認したいですねー。

海外は左フロントブレーキが多いですねー。

フレーム自体も左フロントブレーキ用に出来てたりするので、それを、日本用に左リアブレーキで組むと。

やっぱり取り回しが綺麗にいかなかったりします。

 

ところで皆さんのブレーキは何がついてますか?

 

と言うのもブレーキの制動力の事を書こうかと。

たて輪ちゃんは、昔のRX100とプロマックス、テクトロ、105、ノーグレード(SIMANO)

ブレーキに関しては、アルテグラ デュラエースは未経験。

普通に、平坦メインのお出かけライドでは、グレード高いほうが効きはいいけど、正直、そこまでこだわる事も無いのかなと、感じてます。

ただ、良いに越したことはなくて、とっさの状況では、やはり、グレードが高いほうがいいでしょうね。

これが、平坦でも、クリテリウムなどの、数秒を争うレースになってくると、話はちがってきますねー。

ドラフティング時(前の自転車の後ろにピッタリ着くこと)の前の自転車に対応するブレーキングや、高速走行からのコーナー時の減速。

微妙な力加減での操作はグレードの高いブレーキの方が、分があるでしょう。

そして特に、分かりやすいのは、下り!

速度を抑えたいのに、握ってから抑えはじめも遅れ、そこから減速までに力と時間を要してしまう。

これは、下りの危機的状況時には致命的です。

何より、下りは飛ばさない事が第一ですが、思いのほか急カーブだった。

ブラインド抜けて突然のT字終わり。

など経験はないでしょうか?

曲がれなければ、ガードレール越えて転落。

壁に激突。

など最悪の事態になってしまいますね。

これから上りにチャレンジしていこうという方、ブレーキは見直した方が良いかもしれません。

または、ブレーキシューの交換も良いでしょう。

とにかく下りで技術や、バイク差のある先行者に無理に付いていくのは非常に危険です。

ましてや、経験のない初のコースでは、なおさらです。

初心者さんこそ、105以上のブレーキ選択が安心ですね。

今シマノ以外が付いているなら、105、もしくは、アルテグラ。

ソラ。ティアグラから交換なら、アルテグラへのステップアップがいいかもですね。

デュラエースになると一気にお値段も上がるので、予算の許す方なら、そちらへ。

ブレーキは命に直結する部品です。

ワイヤーを止めてるネジが緩んで抜けたら、自転車は止まりませんし、閉めすぎて切れても大変です。

経験豊富な専門店で見てもらう事をお勧めします。

もちろん当店「たて輪」でもOK!

今回はブレーキの話題でした。自転車買うなら「たて輪」

ご来店お待ちしております。

スタッフ一同