皆さんこんにちは!

またもや水曜日が雨っぽい雰囲気。

ほぼほぼ、毎週水曜日雨絡んで、乗りに行こうか迷う「たて輪ちゃん」です。

天気良いのが確定なら、ご一緒できる方を募集したいところですが。。。

微妙ですよねー。。。今のところ40%(^^;

記事書いてたら60%に・・・(TへT)

 

さてさて、現在お客様より注文頂いた、24インチのお子様用自転車を入荷、

ハンドル付けて、サドル付けて終わりって感じで入荷してきましたが。

作業内容をたて輪ちゃんEYEが追ってみました。

 

まずは、

何時ものごとく、バラしちゃいまーす。

まずは、ホイールを外し、タイヤを外します。

チェーンカバーも外しちゃいます。

そして、ヘッドパーツも外す。

すると、フロントフォークずっぽし抜けますd(^^)

この前は、他店購入の新車間もない、自転車のパンク持ち込み修理にて、

タイヤを外して中を確認すると、付属のタイヤチューブバルブの部品。(バルブ、虫ゴム、)が中から出てきました(^^;

それによるパンクでした。

おそらく繁忙期に確認不足による異物混入。

がしかし、あってはならない事ですよねー。

当店では、毎回、振れ取り、リムのセンター出しの為。タイヤは外すので、そのようなエラーのままお渡しする事は無いですね。

フォークを外すと、ヘッドチューブ上下にボールリテーナーがあります。

ここにグリスが適度に塗ってある必要があります。

その他、要所、要所にも。その辺りも確認しつつ、作業を進めます。

クランク回りも、外してしまいます。

ここにもBB(ボトムブラケット)と言う部品があります。

ここの部品も綺麗にして、グリスアップしました。

BB取り付け部分のフェイシング(軸に対しての面出し)

先にも書きましたが、ホイールのフレ取り、リムのセンター出しも行います。

様々な作業を経てお客様の元へ。

初めにやっておけば壊れない事もあります。

これも、末長く、気持ちよく乗って頂きたいとの「たて輪」の想いから。

もちろん、ロードバイク、クロスバイク、一般自転車、選ばず行っている作業です。

完成車の持ち込み作業、時間的にも、数万円は頂けるような作業が初めから盛り込まれておりますd(^^)

お値段は車両価格、その他購入パーツのみ。

結局、どんなに高価な自転車を買っても、品質、乗り心地、操作性を左右するのは最後は組手。

当店のアピールポイントの一つです。

どうせ買うなら、「たて輪」

どうせ修理するなら「たて輪」

ホイールのみの購入も「たて輪」もれなく、フレ取り、センター出し。

たて輪が、熱いよ!

たて輪ちゃんにも会いに来てくださいねー(*^v^*)

ご来店、相談、ご購入、お待ちしております。

スタッフ一同。