こんにちは。

トルクレンチって聞いたことありますか?

ネジは回せばどれだけでも締まっていきます。

しかし一定以上で破断します。

また部品の方が割れたりします。

それを防ぐためにトルクレンチ
と言う工具が必要になってきます。

締め付けトルクに関しては部品に書いてあったり、

ネジの呼び径や材質にも寄りますが適正トルクがあります。

また

カーボンパーツはお持ちですか?

例えば。

カーボンフレームは勿論。

カーボンシートポスト

カーボンステム

カーボンクランク

その他

カーボンでなくても、各箇所のネジ締め付けトルクが有ります。

オーバートルクアンダートルクでは、クラックが入ったり、緩んだり。

適正トルクで締め付けることが理想ですね。

また、メンテしないまま乗ってると色んな所が緩んできます。

良く緩む所をざっと紹介。

・ペダル
・チェーンリングのフィキシングボルト
・ヘッドのがたつき。(ステム)
・クリート

など

チェーンリングのフィキシングボルトなんかは、知らず知らず無くなってる方もいます。

デジタルトルクレンチなどは数万円もするので、個人整備には痛い出費じゃないでしょうか?

お求めやすいトルクレンチ

有りますよ。

GP(ギザプロダクツ)

YC-637 トルクレンチ キット

¥2,300+税(¥2,530税込)

https://gizaproducts.jp/products/tools/tol41700.html

10nmまで締め付けトルクを見る事が出来ます。

シートポストの上げ下げには十分ですね!

一つ持っておくと重宝しそうです!

雨や強風、花粉で乗れない休みの日に自転車クリーニングついでに

トルクチェックもしてみてはいかがですか?