バーレーを試乗して


今まではママチャリに前と後ろに子どもを二人乗せて保育園の送迎をしていましたが、子どもが大きくなるにつれてバランスが悪くなり、転倒の恐れが出てきたのがきっかけでチャイルドトレーラーを見つけました。
試乗したところ、思ったより軽かったのが第一印象でした。何度か使っているうちに、以前は子どもの重さでハンドルを持っていかれていたのが全くない事に気づき、安定性がとても高いと感じました。
車幅があるので、走る道を選択する必要がありました。複数の経路を走ってみて、交通量が少なく広い道を選ぶことで、今では安全に走ることができています。
保育園にはたたんで置かせてもらっているので、自転車でそのまま通勤することもできます。バーレーを広げる際に天井側のフックがかかりにくいのは難点です。
電車にも乗ってみましたが、車幅が車いすとほぼ変わらないサイズなので、車いす対応のエレベーターや改札口があればぎりぎり通れました。電車内は、前輪がどうしても前に出ているので足がひっかからないかとても気を使うことになりました。混雑時は絶対に避けたほうがよいですし、車いすスペースのある車両に乗ったほうが良いです。
雪の日はバーレーの大きいタイヤが威力を発揮しました。自転車ではひかずに歩いて押したのですが、凍結した路面で自分が足を滑らせたときでもバーレーはびくともせず、バーレーにつかまっていたおかげで私も転ばずに済みました。数cmの積雪であれば問題なく進むこともできました。
チャイルドトレーラー単体としては高価ですが、取っ手があり押して歩けることで二人乗りベビーカーとしても使えるので、メリットはとても高く、購入を決意しました。