日本唯一UCIアジアツアー2.1カテゴリーの、都道府県をまたいで開催されるツアー・オブ・ジャパン(TOJ)

たて輪は昨日23日を臨時休業して、今日の定休日と2日間、第3選 いなべステージ、第4戦 美濃ステージを生で観戦してきましたよ!宇都宮ブリッツェンは栃木県宇都宮市を本拠地とする地域密着の強豪チームとのワンショット

たて輪バッグにサインをいただきました!

 

UCIプロツアーチーム(世界最高峰のカテゴリーに位置するチーム)の“バーレーン・メリダ・プロサイクリングチーム”(以下バーレーン・メリダ)と記念写真!

スタート!

 

店主のスマホの中に途中の写真がほとんど無い、、、実は動画が少しあるのみ・・・

ゴール!

ゴール地点のすぐ手前のフェンス越しにスマホを構えていたのだけど、あまりの速さに追いつけていないorz

いなべ市のTOJにかける意気込みというか、熱がすばらしいですね!

レースははじめ3人の逃げから最終周回の上りで吸収され、最後はアタックの差しあいとロードレースの醍醐味を見せ付けてくれて、マルコ・カノラ(NIPPO・ヴィーニファンティーニ)が前日の京都ステージからの2連勝!

 

 

 

そして24日は美濃ステージ

本日はたて輪メンバーと、レース前のあわただしく貴重な時間を割いて記念撮影

いなべステージから持ち越しのサインもコンプリ~~ト

 

スタート前の緊張した空気!

スタート地点から我々はMyBikeでゴール地点の“美濃和紙の里会館”へ移動!

 

GOAL!

大方の予想では、美濃ステージは消化試合かと思われましたが、日本人の2人、ブリヂストンアンカーの初山翔と日本ナショナルチームの孫崎大樹がメイン集団と7分以上の差をつける逃げで魅了!

終盤で集団に飲み込まれる瞬間は私等特設モニターを見ていた自転車ファンから地元の小学生までも「あ~ぁあぁ・・」とどよめきましたね!

 

最後のスプリント勝負はものすごい迫力でした!

優勝したのは去年このステージを2位で涙を呑んだ ジョン・アベラストゥリ・イサガ(チーム右京)

たて輪 が応援する“バーレーン・メリダ”からは“イヴァン・ガルシア・コルティナ”が新人賞ジャージを守っています!

 

本物のレースを見ちゃうと心躍りますね~!